スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原型氏さんの温故(笑) K.PIERO氏&ボーメ氏

1/12スケール速水ペルシャ&シンバ(アフリカンタイプ) 原型K.PIERO FUKAYA



先日、ソフビキットのお話を少ししたので
序に少し古いキットのお話でも・・・


1/12スケール速水ペルシャ&シンバ(アフリカンタイプ)FUKAYA

 原型はK.PIERO氏です。 

DSCN0604.jpg


今でこそフィギュアの原型師は製作技術も高く又、多くいらっしゃいますが
昔、といっても私の若かりし頃(15年ほど前)はまだまだガレージキット業界では
プロの原型師さん自体少なかったですし、それこそ本当に魅力的な作品を生み出す人は
本当に多くはいませんでした。


その中でも個人的にはK.PIERO氏は魅力的な作品を多く送り出していました。


そのK.PIERO氏作品群でもこのペルシャ&シンバは代表作の一つだと思います。
この作品の凄い所は各ワンパーツにも拘らずコレだけの魅力を出している所です。

小スケールですので大きさはカプセルトイやワンコイン位の大きさですが
今の目で見ても充分トップクラスだと思います。

にしてもキットの大部分がシンバだったりするのが面白いキットでもありますw


あとlこの作品画像ではサバンナ(?)をイメージしてベースを作ってあります。



さてさて、
ここでは終わりません。

更に懐古主義に走らせて貰います。


K.PIERO氏とほぼ同世代で絶対に私の世代が忘れてはいけない原型師さんがいます。
ボーメ氏です。

逆にボーメ氏は1/4スケールとか大きな作品が殆どですが
やはり、その大きさを生かした大変魅力の有る作品を制作されています。

勿論、現在尚第一線で活躍されており、個展を開くなど幅広い活動をされております。

この作品は以前ご依頼を頂いたボーメ氏の作例です。

コピー ~ DSC_0003


販売時期によって作品キャラの名前が違っているようで
このキットではコロンちゃんという名前がついていました。


こうしてみると同世代でたまたま今回紹介した二作品を比べてみると
大きさは正反対ですが、両氏供にそれぞれの方向性を生かして
とても魅力的な作品を製作をされているのが分かります。


それにしてもこの両氏がフィギュア界に残した功績は大きいと
今更ながらに思い老ける秋の夜長でありました。


 

 

スポンサーサイト

テーマ : 萌えフィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
ランキング
  
Fan Item
RSSフィード
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。