スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は萌えではなくて燃えのほうかな?ええ~い暑苦しいw

どうも皆様、ご無沙汰しておりました。

8月ももう残す所あと少し、夏も終わりを告げようとしておりますが
今年の夏はなんだか落ち着かない気象で体調も気分も
かなり疲弊してしまったのですが世の中は色んな事がありつつも
皆さん頑張っておられるので何とか自分も気力を振り絞って
あと少し、この夏を乗り切ろうと思っております。


さてさて
今月は結構手が進んでいるにも拘らず
なかなか完成にたどり着けないと言う状況が続いております。

まぁ、それでも最低限のノルマはクリア出来そうなのですが
お待たせしているクライアントの方々には大変お待たせしており申し訳ない限りであります。
引き続き頑張っていますので温かい目で見守って頂ければ幸いです。(^^;


と言う事で、(?)
今日は少し趣向を変えた作品を紹介しようと思います。

今回製作したのは
メカコレクションNO.15ガミラス艦 No.18 三段空母です。

これはまぁ、たまたま手元にあったキットなのですが
少し前に「白色彗星ガトランティス」のガレージキットを製作させて頂いたのと、
今年ヤマトの実写版映画を見たという事もあり自分の中でヤマト魂(笑)が芽生えてしまい
無性にヤマト関係のキットを作りたくなってしまった結果であります。


只、今回は完成画像を乗せるだけでは面白くないので
少しデティールUP方法などを書いてみようと思います。
(プラキットの製作記事書くの何年ぶりだろww)

先ず基本部分まで組み立てて合わせ目を消した状態です。
合わせ目けしやゲート処理等は散々言い尽くされていますので、
まぁ今回は割愛します。
DSCN4016.jpg

で、このまま塗装してしまっても完成するのですが
それでは面白くないので少しデティールUPしてやります。
今回はパネルラインを沢山追加してやりました。
それがこの画像です。
黄色い部分がそのまま凸状のパネルになります。
DSCN4064.jpg


小さく切り出したパネルをちまちま貼って行くのですが
地味な作業の割には簡単で、効果が大きい手法です。

使用したのはクリアーラインテープというPVC素材のテープです。
テープなのでカットも楽ですし、接着剤もいりません。
また局面にも馴染むのでかなりお勧めの素材アイテムです。
これをプラ板等でやろうとすると、とんでもない労力が必要とされます・・・


この上にサフを吹いてしまえば下処理が完了。
後は塗装するだけです。
DSCN4069.jpg

どうでしょうか?
サフを吹くと追加したパネルラインの効果が際立つのが
判っていただけると思います。


そして完成。
DSCN4165.jpg

ガミラス艦&三段空母です。

色はほぼ単色緑なのですがパネルラインを豊富に足すことで
いい感じに仕上がりました!!

こういう気軽に楽しめるキットも中々いいもんです。(^^


とまぁ、息抜き程度ですが今回プラキットを製作する事で気分転換が出来ました。
まだまだ暑い日も続きますが、また新たな気持ちで製作に励んで参りたいと思います。


と、言う事で今回はこの辺で
また次回まで~(^^ノシ



スポンサーサイト

テーマ : プラモ・模型
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
ランキング
  
Fan Item
RSSフィード
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。