スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工具とは偉大なものなのだw(トリマー)




どーも、皆様いつもお世話になっております。

さてさて季節の変わり目はとかく体調を崩してしまいがちなものですが
最近めっぽう言葉通りの有様で案の定、少し調子を崩してしまいました。

昔(若い時)はこんな事なかったんだけどなあ・・・・

まぁ、只の運動不足という話も有るのですが
そこはとりあえず歳のせいにしておきます。(笑


あと、最近またメールの具合がおかしくて、届かなかったり、
勝手に迷惑フォルダに入れられたりしてたりと結構ご迷惑をお掛けしている様子。

もし、心当たりのある方は受け取っていない恐れもありますので
「連絡がない!!」と言う方はもう一度送ってみてください。
その時にお手数をお掛けしますが念のためYahooメールの方にも合わせて送っていただければ
時間は多少掛かりますが連絡が取れると思います。

大変ご迷惑をお掛けしておりますがよろしくお願いします。



と言う事で、、えーと、、、、
今日はネタ的には特になくて、さて、、困った。ww

考えた末に今日はちょっとかなり変化球で行こうと思います。

と言う事で今日はベースについてお話します。
えーとベースとはつまり台座の事です。

PVCフィギュアの場合は殆どがベースがついているので問題ないのですが
ガレージキットや改造で元のベースを使えなくなってしまうような場合は
新規で作ってやらなければなりません。

個人的には
フィギュアなんかだと丸いベース
メカ計は四角いベースみたいな感じで適当に決めています。

勿論、ご要望の物があればそれに沿ったベースを製作したりします。


で、今回は四角いベースの作り方をご紹介。

まず、板ッ切れを買ってきます。
DSCN2460.jpg
50センチで300円くらいです。

これを適当な長さで裁断し、
DSCN2461.jpg
1枚は大きさが違いますが4枚取れました。

《ここで究極奥義(ウソw)》トリマーという電気工具を使用します。
DSCN2462.jpg

このトリマーを使用して面取りしていきます。
DSCN2463.jpg
(写真はあくまでもイメージ画像で、実際の使用中のものではありません。^^;)

で、こういう感じの良くあるベースが出来上がります。
DSCN2464.jpg
ベースを自作する利点としては自分の任意の大きさで製作できるという所でしょうか?


ぶっちゃけ、技術的な難しさは殆どありません。
このトリマーさえあれば誰でも出来てしまいます。(^^;


実はこの工具使いようによってはかなり役に立つ工具で
目的によってビットを交換してやる事でDIYなんかでもかなり役に立ってくれます。


只、この工具

本体は6000円程度で買えるものもあり、かなりお手ごろで手に入るんですが
ビットが高い!!

この面取り様のビットは一個で4000円以上します。ww
さらに用途によって揃えていくとビットだけで数万とか・・・


でも、ほんとに色んな加工が出来るので個人的には買いの工具の一つです。
DIYが好きな人にはお勧めの工具だと思いますので好きな人はどうぞお試しあれ。


って、普通要らないよなぁ・・・(笑



スポンサーサイト

テーマ : プラモ・模型
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
ランキング
  
Fan Item
RSSフィード
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。