スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーコさんの足は・・・(グレンラガン一番くじ)



えーと、どうもです。
もういい加減、季節の挨拶なんかそうそう出てこないわけで
書き初めをどうしようかと悩んでいる今日この頃。
大雨も降って大変な様ですが皆さん如何お過ごしでしょうか。(笑



さてさて
今日はちょっと画像を詳細に入れつつ造型過程をご覧頂こうと思います。

先ず素体となるフィギュアですが、以前紹介した一番くじのヨーコさんです。
今回はご要望によりブーツを素足に改造と言うことで、その辺りをレポートしてみたいと思います。


先ずは分解します。今回のような場合はブーツのところでカットしてやればOkです。
DSCN1859.jpg 
とかいいつつカットした画像が無いとはこれいかに・・・
まぁ、ここから改造していくんだよ的な物として心の目で各々補完してくだされば幸いです。
因みにニーソも取っ払いますので皺などを削り取ってやります。(これは画像に写ってますね^^;)


次にプラ某等で芯を作り、エポパテを足の大きさや形に見えるように適当に盛ってやります。
DSCN1895.jpg 
ここでプラ材を芯にしたのは後で削りだして形を出すときに邪魔にならない様にするためです。
造型が余り必要ないものや、角度を変えるだけのような場合は
少しでも強度を増すためにアルミ某等で芯を形成します。


そしてデザインナイフで形を出していきます。
DSCN1896.jpg
この段階でほぼ指の造型、外反、くるぶし等のバランスも考えて造型してやります。


そして、ヤスリ(ペーパーヤスリも含む)でデティールを出してやります。
DSCN1977.jpg 
序に、ニーソと太ももの段差も埋めて面を均一にしてやります。

で、現段階での状況はこんな感じです。
DSCN1978.jpg こ
こから詳細をつめて行きます。



えーと、、一番の問題である指の造型なんかの詳細が結局レポート出来てないんですが
コレばっかりは慣れるしかないんですよね・・・
たまに動画でUPされてたりしますが見たから出来るって物でもないですし
やり方も人それぞれあるわけです。
只、私なりにコツというか、やり易い方法と言うのが今説明したような感じで造型していく方法です。

こういうPVCの魔改造なんかはパテ盛って削って形を出すというのが基本になると思いますが
一番重要な点は心材を削れる物(今回はプラ棒)にすると言うことですかね(^^;


あと、今回の場合脚部がABSでPVCとは違い硬い素材でしたので
補強も余り考えなくて良かったのですが、オールPVCなんかの場合はその辺りも考えて
心材をプラに出来ない場合もありますのでその辺は臨機応変にです。



という事で、今回は製作してるぞー的な記事にしてみましたがどうだったでしょうか?
実際完成品UPの方が花があっていい気もしますが・・・
少しでも製作の雰囲気を楽しんで頂ければ幸いです。
《まぁ、たまにはこういうのも混ぜないと仕事してるように見えな(ryw 》


では、また次回記事にて!!



PS.何か聞きたいことや要望などありましたらどんどんコメントくださいね(^^
   でわでわー


スポンサーサイト

テーマ : 萌えフィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

まだまだ修行がたりませんw(LEVELL スペースシャトル)



今日はしとしと雨が降ってます。
気温はそうでもありませんがムシムシとしてやっと夏っぽくなりそうです。


さてさて、今日はいつもと違った趣向の話をしようと思います。
って、最近多いですね(^^;


今回はスケールモデル 「REVELL ランチタワー&スペースシャトル&ブースターロケット 」です。
DSCN1882.jpg


実際のところプラモ自体の依頼は最近ではめっきり減ってるのですが
そんな中にあってスペースシャトルというのはかなり珍しいご依頼です。


ここで少し打ち明けますと依頼を受けたときは実は大きさやパーツ数、
状態などかなり曖昧なまま引き受けたんですが・・・
不勉強がどんなに後で苦労するかを再認識させられました。


海外製の古いキットという事である程度覚悟してたんですが・・・
予想を遥かに超えた難キットでした。(笑
(どうも、その筋では結構有名な珍キットだったみたいです(^^;


まぁ、パーツの状態の悪さとか劣化とか色々問題点はあったのですが
やはりそのパーツ数には一番驚かされました。
殆ど鉄塔等のベースのパーツなんですけどね・・・

DSCN1752.jpg
ランチタワーだけでこのボリュームです。
(高さが50cm近くあります。)

本命のスペースシャトルはたいした事ありません。ww
ブースターはでかいですけど・・・
DSCN1753.jpg

あとは案の定と言うか、、デカールが経年劣化で使い物にならなくなっていたので
メインのマークは自作する羽目になりました。
勿論デカールで再現される塗り分けも使い物になりませんので
全てマスキング及び筆塗りで対処しました。

DSCN1891.jpg

苦労はそれなりにしましたが、展示ベースも含めて良い作品になってくれたと思います。


とまぁ、実際いろいろあって予想より時間が掛かってしまいましたが、
完成作品はかなり大きく、見ごたえもあるので達成感はひとしおでありました。


それにしても長年プラモからフィギュアまで色々製作してきましたが
まだまだ予想の出来ないキットがありますねぇ。

それにしてもデカイ!!
間違いなく今までで一番大きな作品となりました。


これからも色々製作していくと思いますが皆さん応援よろしくお願いしますね。
では、又次回まで(^^ノシ







テーマ : プラモ・模型
ジャンル : サブカル

ハルヒの消失を見てきたよ(^ω^  (鶴屋さんTシャツww)




いやー、
何かもう五月も中旬だと言うのにいろんな意味で寒い今日この頃、
みなさん如何お過ごしでしょうか?


さてさて今日は映画の話と、変わった物をご紹介しようと思います。


先ずは映画の話から・・・
先日やっとハルヒの消失を見に行ってきました。
岡山という地方都市にもやっと上映されたのはホント嬉しかったです。

映画の内容に関しては勿論ここで詳細は書きません。
只面白かったと・・・
それにつきます。



あと、
鶴屋さんちょっとしか出なかったけどカッコよかったです。
朝倉さんも結構TVの時には気づかなかったですが良いキャラでした。
ハルヒの可愛さを改めて実感しました。ロングヘア可愛いかったです。w
みくるちゃんは相変わらずだったなぁ(笑

勿論、、感情持った長門さんも良かったですし、素に戻った時の雰囲気も抜群でした。



とまぁ、何だかどうでも良いコメントですね、、
でもホントに面白かったです!!


で、今回ご紹介するのが此方

DSCN1820.jpg



鶴屋さんTシャツです!!


見に行く前日に自作しました。
デザインは勿論オリジナルで、プリントもプロ仕様の物を使って
結構、気合入れて製作しました(> <


ええぇ、コレ着て映画館行きましたけど、、何か?(笑


でも誰も気にもしてくれませんでした・・・OTL
もしかしたら、かなり痛い人だと思われたのかもしれませんが(^^;


まぁ、こんな物は自己満足の世界なんで他の人の反応なんて別にいいですけどね・・・

とにかく今回は久しぶりに楽しめました。
皆さんも見てない方は是非見入ってください、、損は無いです。



とまぁ、私が鶴屋さん萌えなのが判ったところで今日はこの辺でww

でわでわー(^^


テーマ : 萌えフィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

GWという魔物w(コトブキヤ ハヤテのごとく! 桂ヒナギク&三千院ナギ ;アルター アロエ&CPUシャロン 魔改造完成品)



えーと、
気づいたらもう5月も三分の一が過ぎようとしてました・・・

GWだったとはいえ特にまとまった休暇をとったわけでもないのに
仕事の進み具合がかくも緩慢なのは如何したものか。

とにかく、作品をお待たせしている身でありますので悠長いうことは言ってられません。
これから急ピッチで頑張って行きたいと思いますので、、
平に宜しくお願いいたしますm(_ _)m



さて、とはいうものの取りあえず画像だけは少しまとまった物だけUPいたしましたので
そちらをお楽しみ頂ければと思います。
でまぁ、今回画像をどうしようかと思ったんですが
たまには簡単な時系列的画像を見てもらうのが良いんじゃないかと思いましたので
幾つかUPしたいと思います。


先ずは
コトブキヤ ハヤテのごとく! 桂ヒナギク&三千院ナギ
です。

改造前
DSCN1653.jpg

途中
DSCN1660.jpg

完成
DSCN1770.jpg

この作品は水着素体からの改造ですので割りとオーソドックスな方法で製作しています。
因みにこの二体は二つ並んで始めて良さが最大限出る作品と思います。


次に
アルター アロエ&CPUシャロン
です。

改造前
DSCN1370.jpg

途中
DSCN1482_20100509211312.jpg

完成
DSCN1571.jpg

この作品は上半身がほぼスクラッチになっています。
特に今回の様に腕を水平に伸ばしたようなキャラの場合は
強度も考えなければなりませんので、一部キャストを芯にして製作しています。
実は途中画像と完成画像の造型が若干違うのがよく見ると判ると思いますが
こういったラインをオリジナルで出していく場合は修正がなっかいか入るために
途中画像でも撮影する時期によって結構違ったりします。

こういうのももっと詳細に紹介できればいいのですが、
なかなか製作中はそこまで気が回らないのが実情です。


さてさて今回もなんとなーく、やっつけ感のある記事ですが如何だったでしょうか?
こういった記事が少しでもイマジネーションを呼び起こす足がかりになっていただければ幸いであります。

他作品詳細はHP展示室よりどうぞ


でわ、今回はこれにてー(^^



今日は画像もなしでホントにお知らせのみです。(^^;




えーと、、ども皆様
やっと春らしくなってきた・・・というか
一気に初夏のような陽気になっておりますが如何お過ごしでしょうか?


さてさて、
えーと、GWなんかもあって少し製作スケジュールの方が遅れてしまっております。
まぁ、殆ど私用だったりするんですが、途中でやり直しが入ったりする作品も
ちらほらあって思うように捗っていないという所であります。

さらにHPへの画像UPも遅々として進められずホントに面目ない限りであります。

という事で現状は今書いたような感じで、、がんばっていますので
楽しみにしていただいているクライアント様及び他皆様もうちょっと待っててくださいね(^^;


以上現状報告です。


さて、
今日はお知らせがあります。

当春木屋が魔改造文化の記事として「メンズサイゾー」様のインタビューという形で
取材及びその内容が掲載されました。
掲載ページ


予てより、魔改造について色々思うこともあり、また多くの人に知って貰いたいと考えていましたので、
今回のことは私にとって大変良い機会を頂けたと思っております。


記事の内容は「メンズサイゾー」様の方でじっくり読んでいただければと思います。
特に追加することも無いくらいに私の思う所を採用して頂けております。


勿論魔改造製作者全てが同じ考えを持っている事は無いと思いますが
これもまた一人の製作者の内面という事で楽しんでいただければ幸いであります。


これからも、魔改造は勿論、サブカルのアングラな部分を世に啓蒙していきたいと思っております。
皆様これからも応援の程、宜しくお願いいたします。



また、このような機会を与えて頂けた「メンズサイゾー」様には重ねて御礼申し上げます。



では今日はこれにて(^^

テーマ : 萌えフィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

ブログ内検索
ランキング
  
Fan Item
RSSフィード
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。