スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニアミス?《メガハウス マクロスF(フロンティア)シェリル・ノーム N.A Ver.魔改造完成品》



どうも皆様ご無沙汰しております。
えーと、
二月もちょっと余裕がなくなって来た今日この頃
暫くHPの方への画像もUP出来ずにいたのですが何とか
最近まで仕上がった作品をUPしましたので是非お立ち寄りください。


今回はその中でも何時もとはちょっと変わった事がありましたので
その辺りを記事にして見たいと思います。

といっても作品自体は特に変わったところはありません(^^;


さてさて今回ご紹介するのは
《メガハウス マクロスF(フロンティア)シェリル・ノーム N.A Ver.》
の魔改造作品です。

今回のこの作品は商品が発売されると同時にご依頼を頂いたのですが
実は同じ商品を当方も予約注文していたらしく今回ご依頼頂いた後に
ほぼ同時期に手元に届くというニアミスを起こしてしまいました。

恐らくオークション用に注文していたのだと思うのですが
全くもってなさけない事にすっかり失念していました。

で、ここでちょっと問題が・・・
「オークション用の作品は成るべく早く出品する」
と言うのが当工房での決まりに成っているのです・・・・

ええ、そうです。
まさかご依頼の作品をほっといて先にオークション作品を仕上げるわけには行きません。
ですのでここは予定を繰り上げて今回は同時進行にて製作させて頂きました。

で完成したのがこの2作品です。
DSCN1402.jpg

DSCN1411.jpg

上の画像をご覧の通り、この二体の完成作品は若干仕様を変えてあります。
一体は編みタイツ(?)を取り去った状態で仕上げ、もう一体は編みタイツを残し、
ガーターベルトを少しデティールUPして仕上げました。

実はご依頼いただいたときに脳内ではこのアミタイツを残すかどうかでかなり悩んでいました。
ですのでここは2体同時に製作できるという機会に恵まれましたので
あえて両方のVer.を製作させていただいたと言う事であります。

結果、個人的には大満足できたのですが、、ご依頼主様には大変なご迷惑をお掛けしてしまいました。
その事に関しましては、この場を借りて改めてお詫び申し上げる次第であります。
勿論、ご依頼主様には気に入っていただけた方を選択していただきました。

で、残った方はオークション用として近々出品する予定です。(^^;
その時にはまた宜しくお願いします。


さてさて、今回はご依頼のスケジュールを無理やり繰り上げてしまったのですが
先にご依頼いただいている作品に関しましては勿論、予定通り進めております。
お待たせしている他作品も順調に進んでおりますのでご安心ください。

まぁ、こんな事があったりでこの二月は只でさえ短いのに
自分のせいで余裕を完全になくしてしまいました。

とわいえ二月も残す所3,4日ですが何とか三月の予定には影響のない様に出来る感じです。
(でも二月ギリギリまではてんやわんやが続きます。)


まぁ全て自業自得なんですが、
オッサンにはかなりキツイ二月と成っております(笑





スポンサーサイト

テーマ : 萌えフィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

ミニスカートを作ります。(オーキッドシード エーデルヴァイス 史絵 魔改造)



えー、皆さん。
二月ももう半分が過ぎてしまいましたがいかがお過ごしでしょうか?

私は相変わらずなのですが、二月と言う事で何か焦っているのか
単純なミスをする事が増えてます。
ここらで気合を入れなおしてやらないといけません。


さてさて、、
今回の記事の内容はなかなか口で説明するのは難しいのですが
簡単に言うとスカートの製作についてです。

と言っても一から製作するのではなく、
既存の素体からスクラッチすると言う物です。

まぁ、画像で説明していきましょう。


先ずこれが改造前の物です。
DSCN1369.jpg

非常に動きのある良い造形のロングスカートです。
今回はコレを魔改造部分が判り易い様にミニに変更すると言うコンセプトです。

ぶっちゃけ、コレを腰の辺りで切ってしまえば簡単なようにも見えますが
中のフリルっぽい部分などは腰の辺りは完全に無垢のPVCですし
あくまでもロングで動きを見せるように造形されているはずなので
そのままぶった切ったのではバランスは良くなさそうです。

という事で、新規でミニスカートを製作しなければなりません。

とは言うもののバランスを考えて今回は以下の方法を取りました。


DSCN1372.jpg
この画像はお湯などで柔らかくして型を取る樹脂を原型(ここではスカート)に
腰の部分まで覆い被せた所です。

そう、ちょっと素体の力を借りてしまおうと言うわけです。

で、出来た型がこれなんですが・・・
DSCN1374.jpg
この型にパテを盛り付けて大体の形を得ることが出来ます。
こういう方法の利点は先ず、大まかなバランスを簡単に取れると言う所です。
上半身の繋ぎ部分も難なくクリアできます。

で、複製した物を加工して作ったミニスカートがコレです。
DSCN1375.jpg

中のフリル(?)みたいなのは完全に自作です。
コレばっかりはしょうがない(^^;)


正直コレを何も無い状態から製作するのはとっても大変です。
芯になる部分がしっかりとした物でしたので、ちょっとした工夫で
上手く纏める事が出来たというわけです。


これから塗装していくわけですが、これはこれで"白"という難しい色です。
また完成したときには違った雰囲気に見えるとは思いますが
それはまた完成したときのお楽しみです(^^


テーマ : 萌えフィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

削って盛って・・・でも画像じゃよく判んないよねぇ(^^;



皆さんどうもです。
最近、生活リズムが狂ってしまい、昼夜の感覚も曖昧になってしまっています。
お尋ねのメールへの返信もレスポンスが悪くなってしまい面目ない限りであります。

もう結構なオッサンなので体調にも影響しそうなので気をつけて行きたいと思います。


さてさて今日は製作途中の2作品をご紹介したいと思います。
といっても、一つは顔も無い状態での画像なのでキャラが判らないかも知れません。

DSCN1330.jpg
DSCN1331.jpg


この2作品は水着や下着からの改造ではなく、ましてや露出度に関しては
本当に少ない状態の商品からの改造になります。

こういった改造の場合は上半身は殆どスクラッチになってしまいます。
画像で薄茶色に見える部分は全てエポパテです。
ボディは構造上芯としてパテの下は本体(といっても削りに削って元の形はしてませんが)ですが
腕の方は全てパテから新造してあります。
手の平だけ流用しました。

この場合、腕の長さや、ボディとの自然なラインを出す事が一番重要になるんだと思います。


まぁ、ここまで出来れば後はサフを吹いて表面仕上そして細かい部分の修正をして本塗装して完成です。
が、塗装をしたらまた違って見えたりするので、違和感があった場合は再度修正になります。


さてさて、
一応作品名をお知らせしておきましょう。

上の作品は顔が有るので直ぐお分かりになるかと思います。
《セガ SEGAエクストラフィギュアシリーズ 宮永咲》

下はコレだけで判った人はかなりのファンだと思います。
《バピネット SMC 2stayles from 学園アリス 佐倉蜜柑》

です(^^


えーと、上記2作品はもう直ぐ完成する予定です。
他にもお待たせしている方の作品も順次、制作しておりますので
またブログ上でもお知らせ出来るかと思います。


勿論忙しすぎて切羽詰ってたら中々記事に出来ないかも知れませんが
その時は頑張ってるんだなぁ~と、、(笑
そう思っていただけたらありがたいです(^^;


でわでわ!!

テーマ : 萌えフィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

SEGA《戦場のヴァルキュリア アリシア オリジナルフィギュア》アニメ化改造。



皆様何時も春木屋のブログをご覧頂き有難うございます。
2010年もはや二月に突入しました。
二月は少し短いので何となく気分が焦ってしまうのですが、、
焦らずじっくり製作に励んでいこうと思います。



さて、今回は少し何時もとは違った趣の作品をご紹介したいと思います。

SEGAから販売されている《戦場のヴァルキュリア》より《アリシア》です。
今回の改造は魔改造ではなく、主にデザイン変更を含むデティールUPという内容です。
主な改造点はこの商品のコンセプトがイラスト準拠になっていますので
これをアニメに準拠したデザインに変更し、甘い造形部分などを修正する事です。

元の状態は下記あみあみをご参照ください。
参考ページ

まず軍服や兵装の違いを修正してやります。
脚部
ブーツの形状を変更し、太もも部分のデザインを変更しました。

顔横
顔に関しては一旦パテに置換し、目の大きさ等を変えてやりました。
髪の毛もボリュームUPしてやりました。
肩の装甲(?)もデザインが若干アニメと違いましたのでデティール変更しました。

全体
一部装甲など着けていませんが全体像です。
(顔は実は口を閉じた物も製作したのですが、付け替えたりするというのが少し難しかったので没にしました。 )

で、こちらが完成画像です。
DSCN1315.jpg
四角いボタン(?)や、兵装のデザイン、取り付け位置など間違い探し並の変更もありますが
商品版とはまた違った雰囲気の作品になっています。
DSCN1313.jpg
アホ毛もちゃんと再現してやりました(笑

アニメに忠実に・・・とはいえ、二次元と三次元では密度が同じだと
明らかに三次元ではチープになってしまいますので、多少は元商品のデザインも残してあります。

このバランスが非常に難しいのですが、さてさていかがでしょうか?
人それぞれいろんなご感想を持たれたかもしれませんがそれも含めて
あれやこれやと楽しんでいただければ幸いであります。



こういった魔改造とは違う作品というのも久しぶりに製作させていただきましたが
今回は非常に楽しく製作させていただきました。
本当にありがたいことで感謝しております。


では、今月も頑張ってまいりますので宜しくお願いします!!



テーマ : 萌えフィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

ブログ内検索
ランキング
  
Fan Item
RSSフィード
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。